一色淡生の全体面線点

思い付いたこと書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短歌

梅が咲くまだ寒き部屋淡く映え誰を置き去る雪解けの窓

裂けるほど大ならんとす開発の破瓜に埋まれる偉大な獣

月光やまた産むために擬殺する櫛赤く映え母子を照らさん

暗がりに言の葉溶けて満ちゆく背貝の火を浴び艶めく温度

背伸びする空青々と伸び占めて未だ触れられぬ海を想わん
スポンサーサイト
  1. 2012/03/27(火) 14:39:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 短歌>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isshikitannsei.blog.fc2.com/tb.php/8-b43dd6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。