一色淡生の全体面線点

思い付いたこと書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短歌

一秒に一千の物語と降れ雨粒の核の熱源

印画紙の隅々馳せる鉱石の摩擦に座るキミとランチを

暗がりを覗く目の先なんだろと覗く目の先に在る私

月飼いき姪の風船すり替えて浮かんだままの幼き日の目

この宮へ原始と孵る感覚を具に開く初めてのヒビ
スポンサーサイト
  1. 2012/08/09(木) 01:07:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日記 | ホーム | Close A Open B>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isshikitannsei.blog.fc2.com/tb.php/64-e7b60fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。