一色淡生の全体面線点

思い付いたこと書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短歌

花包む手が柔くなり零れてく紅涙のRay乱れる波数

朝焼けに立つキミに敷く花白く影へと馴染みミツバチが飛ぶ

電信の雲と蜘蛛の巣編む町のビー玉となり飲み干すラムネ

沼を見て思いがけずに透き通る一発の券姿を変じ

視覚へと剣刺せば影麗麗と波立ちて接ぐ虚像の城

喪失で組む神殿に住むキミが生む幻影の鳥今に燃え
スポンサーサイト
  1. 2012/07/14(土) 00:48:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日記 | ホーム | 日記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isshikitannsei.blog.fc2.com/tb.php/51-ceb0cc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。