一色淡生の全体面線点

思い付いたこと書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日記

さて、日記です。

昨日は夜寝れなかったので、昼ごろ起きた。
起きてすぐ顔を洗い、それからシャワー。
ぼんやりして・・・、飯は食べずにゆっくり掃除を始めた。

友人のT2の親父さんのアパートを借りているのだが、そもそもの所有は祖母のものだそうで、はっきりいって管理が杜撰。
いろいろと目に付くところは以前からあった。
大概のことでは文句はつけないが、

網戸が破けている。
天井の板がめくれている。

このふたつはさすがに困る。

とはいえ、いま処置はできないのですぐできることをする。
まず居間の机を拭き、片付け、床掃き、窓拭き、レール拭き。

これだけで4時になった。
窓のレールが強敵。土がうまく取れん。

今日はここまでにして、腹が減ったのでT2に連絡をとる。

トルルルルルルル、、
トルルルルルルル、、

「なに?」

この男はいつもどこか不機嫌である。

飯を食べる旨伝えると、嫌がったが(この男はいつも嫌がる)、カレーを食うことで話がまとまった。
西目屋のルーラルに行ってみたかったが、5時までなのでよす。
土手町のかわしまに行く。

かわしまは駐車場が有料である。
そこがネックだが、カレーは美味い。値段も650円で手頃に思う。
ダブルホットカレー(激辛)を注文。

T2は本格的なミステリーを観たいという話題を振ってきたので、流れでアガサクリスティと刑事コロンボと江戸川乱歩の話をした。

刑事コロンボは大好きなドラマ。コロンボのしつこさについて語り合う。

T2は最近やったゲームのシナリオについて触れ、つまらなかったと漏らした。
ライターは竜騎士07.
あの人はもう終わりだとぼやいていた。

この人のシナリオは本格推理のように見えて、途中からファンタジーになっていくので本気で推理している自分が馬鹿らしくなるのだ。
話自体も非常に長いスパンで繰り広げられるので、付き合ってきた、最初はミステリアスな魅力的な女性が実は幼稚な魔法少女だったみたいな失望を味わうのである。

伊勢神宮に向かって走ってたらディズニーランドに着いたような感じ。
それはそれで面白いと思うけど、移動距離が長すぎるの。

だから自分はこの人は短編を書くべきだと思うと話しているうちに食べ終わる。
ダブルホットカレー(激辛)は甘かった。美味いよ。

腹が満たされたので歩こうかということで長四郎公園に向かう。
するとサクラノの近くの淡島神社で宵宮が開かれていた。

少し唐突だが、T2について説明を加えて置きたい。


彼はロリコンである。

T2は踊るように子供の群れの中に入っていった。

淡島神社の手前の幟には青面金剛明王と書かれていた。
あまり聞かない明王様。あとで調べてみたい。
T2は往来をじろじろ眺めていた。

参拝を終える。
離れの小さい宮の扉は雪印製のトタンだった。

途中目の前で幼児が躓いて、こけた。
T2がうめいた。

ちょっと幼児、
えー、用事があるのでここらで失礼します。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 08:04:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<短歌 | ホーム | 日記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isshikitannsei.blog.fc2.com/tb.php/48-66445cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。