一色淡生の全体面線点

思い付いたこと書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短歌

上下するキューブの煉獄身を焼いて求める父の似姿

橋大工カンカン槌を振り下ろし彼岸へ向かう夢に見る子ら

梵天の蓮がカマキリ迎え入れキミの荼毘撒く午後の木洩れ日

御機嫌なノイズで踊るミツバチの燃焼わずか一度の団

蹴散らさん懊悩煩悶!捨て吉ぐれ吉弥三郎くびり吉!?
スポンサーサイト
  1. 2012/05/11(金) 17:25:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<短歌・水の巡礼抄 | ホーム | 質問>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isshikitannsei.blog.fc2.com/tb.php/28-cef6364c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。