一色淡生の全体面線点

思い付いたこと書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワイン航路

光に洗われた果実を呑み込む
野の広がりに思い出をあずけて
踏み出す足の軽々しく過去を蹂躪し
腹いっぱいに苦しみと歓喜とを持ち寄って
生まれ変われと蒔かれた種の
一切は一勢に報われる

万全なる赤の園
燃える朝は歓喜を背負ってキミに降る

さぁ苦しめと生み出す声が親しげに現れて

光の中でキミは悪夢と抱きしめ合う
二人はそのまま果実になって
野の広がりへ影を落とす

確認し学び合う幾万の影は
私自身であり
キミであり
未だ知らぬ誰かである

銀河に万来の豊穣が谺する
影へ 影へ 影へ

とびきりのワインができあがる
スポンサーサイト
  1. 2012/04/05(木) 18:47:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<短歌 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://isshikitannsei.blog.fc2.com/tb.php/10-d90ee58b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。